更新・失効再交付講習の Q&A

更新・失効再交付講習のQ&A

今迄、いただいた質問を載せております。

この他、ご質問がございましたら、メールかお電話(082-255-8705)でお問い合わせ下さい。
メールアドレス kousin@hkg.or.jp

更新をしたいのですが、海技免状が見当たりません。

更新と同時に紛失再交付の手続きができます
更新の必要品以外に、自動車運転免許証又は有効期限内のパスポートのコピー若しくは戸籍抄本及び認印が必要です。
手数料は、更新と同時に行う時は無料です。

更新と一緒に本籍や氏名を変更したいのですが。

本籍・国籍・氏名・ふりがなの訂正、日本に帰化、生年月日や性別の修正等の訂正を更新と一緒に行うことができます。
訂正箇所や海技免状によって、必要なものや料金が変わってきますので、前もってお問い合わせ下さい。

受講希望日が海技免状の有効期限と同じ日ですが、受講できますか?

受講はできますが、講習日が運輸局の閉庁日や夜間の講習の場合は、前もって手続きが必要となりますので、2日前までに電話で確認して下さい。

現在、海外で暮らしておりますが、更新時期が来たので更新したいのですが、どのような手続きが必要ですか?

現住所が日本国内にない場合には、一時帰国をされたときに、滞在される住居の方の滞在先証明書と戸籍抄本が必要となります。

まだ更新時期ではないのですが、これから海外に長期出向に行き、帰国予定時期には、海技免状の有効期限を過ぎてしまいます。なにか手続きはありますか?

海外への長期出向が確定しておりましたら、更新期間前であっても、更新をすることができます。
本邦外長期滞在者証明書を会社等で証明していただければ、受講できますが、有効期限が新免状交付の日から5年間となります。

海技士と小型を持っておりますが、有効期限が違います。
満了日を合わせることができますか?

有効期限の早い方に遅い方の有効期限を特例申請で合わせることができます。