6級海技士(航海)

  1. 6級海技士講習(航海)養成コース・受験コース
  2. 受験コース(航海)
  3. 養成コース(航海)第二種養成講習:3日間養成コース(国家試験免除)
  4. 養成コース(航海)第二種養成講習:6日間養成コース(国家試験免除)
  5. 養成コース(航海)第一種養成講習
  6. 申込と必要書類

 

6級海技士講習(航海)養成コース・受験コース

概要

航海当直を担当するには、6 級海技士(航海)以上の海技免許が必要です。(平成18年4月以降)
当学院において国家試験免除の講習(養成コース)と、国家試験を受けるための講習(受験コース)を下記のとおり実施いたします。

入学要件

受験コース

総トン数 5 トン以上の船舶の運航業務(甲板部)に2年以上従事
(但し、2年分は15年以内でかつ5年以内に1日以上の履歴が必要)

養成コース 第二種養成講習(3日間)

総トン数 5トン以上の船舶の運航業務(甲板部)に 10年以上従事(但し、2年分は15年以内でかつ5年以内に1日以上の履歴が必要,又その中に3年以上の甲板部航海当直部員の履歴を有すること)
甲板部当直部員の履歴を有しない場合は、受験コースでお願いします。

養成コース 第二種養成講習(6日間)

総トン数5トン以上の船舶の運航業務(甲板部)に5年以上従事(但し、2年分は15年以内でかつ5年以内に1日以上の履歴が必要、又その中に2年以上の甲板部航海当直部員の履歴を有すること)
甲板部当直部員の履歴を有しない場合は、受験コースでお願いします。

養成コース 第一種養成講習

・視力等身体に関して適正であること
・18才以上の新卒求職者、又は再就職や転職を希望する社会人
・入学試験に合格していること

※ 履歴、視力等身体に関しての詳細は、電話、メールkaigi@hkg.or.jpでいつでもお問い合わせください。

 

受験コース(航海)

必要な免許講習は身体検査日の次の日からになります。詳細は免許講習をご覧下さい。
※申込が少ない場合には、中止することもあります

講習日程(29年度)

試験日程により変更もあります。

回数 試験名  開催期間 申込締切日 筆記試験日 備考
1  7月定期 6/22(木)~7/2(日) 6/5(月) 7/3(月)
2 11月臨時 11/17金)~11/27(月) 11/6(月) 11/28(火)
3  3月臨時 30年 2/25(日)~3/7(水)  2/13(火) 3/8(木)

※SECOJ主催:過去に船員保険に加入していた方も対象とします。

5年以上の履歴がない方が上記の入学要件で受講し、国家試験(筆記試験、4択)を受け、海技免許を取得するコースです。

当学院は長年の実績があり、責任を持って全員合格するよう御指導いたします。

修業期間

17日間

  1. 専門科目:11 日間、
  2. 免許講習:6 日間(救命 :2 日、消火 :1 日、レーダー観測者 :3 日)

受講料等

受講料 テキスト・問題集代を含む 162,000円
免許講習料 救命 :29,000 円、消火 :10,000円、レーダー観測者 :13,000 円
*機関免許所有者は、救命、消火は必要ありません。
52,000円
救命教本:950円、消火教本:490円、レーダー観測者教本:510円 1,950 円
教材費 教材費(コンパス、デバイダー、定規、海図) 実  費
(3,000円程度)
合計 215,950円+教材費

※上記以外に申請手数料(印紙代+海事代理士手数料・15,700円)が必要になります。

支払方法

開講前日迄に全額を指定振込用紙で送金して下さい。

振込控を当日持参して下さい。

 

養成コース(航海)第二種養成講習:3日間養成コース(国家試験免除)

上記の入学要件を満たす方が必要な履修科目を受講し修了試験に合格すると、国家試験(筆記)は免除され、身体検査を受験するのみで海技免許を取得できるコースです。
必要な海技免許講習は身体検査日の次の日からになります。詳細は海技免許講習をご覧下さい。
※申込が少ない場合には、中止することもあります。 

講習日程(29年度)

試験日程により変更もあります。

回数  試験名 開催期間 申込締切日 身体検査日 備考
1  7月定期 6/30(金)~7/2(日) 6/5(月) 7/3(月)
2 11月臨時 11/25(土)~11/27(月)  11/6(月) 11/28(火)
3  3月臨時 30年 3/5(月)~3/7(水)  2/13(火) 3/8(木)

※入学試験の開始時刻は8時30分

修業期間  9 日間

  1. 専門科目:3日間、 24 時間(航海 :4 時間、運用 :4 時間、法規: 16 時間)
  2. 海技免許講習:6日間(救命 :2 日、消火 :1 日、レーダー観測者 :3 日)

※ 開講日の当日(8時30分)に入学試験及び講習終了時に修了試験実施

受講料等(教育訓練給付金制度適用)

受講料 テキスト代を含む 35,640円
免許講習料 救命 :29,000 円、消火 :10,000 円、レーダー観測者 :13,000 円
*機関免許所有者は、救命、消火は必要ありません。
52,000円
救命教本:950円、消火教本:490円、レーダー観測者教本:510円 1,950 円
合計 89,590円

※申請手数料(印紙代+海事代理士手数料・13,300円)は別途料金になります。

支払方法

入学試験前日迄に全額を指定振込用紙で送金して下さい。振込控を当日持参して下さい。

 

 

養成コース(航海)第二種養成講習:6日間養成コース(国家試験免除)

上記の入学要件を満たす方が必要な履修科目を受講し修了試験に合格すると、国家試験(筆記)は免除され、身体検査を受験するのみで海技免許を取得できるコースです。
必要な免許講習は身体検査日の次の日からになります。詳細は免許講習をご覧下さい。
※ 申込が少ない場合には、中止することもあります 

講習日程(29年度)

試験日程により変更もあります。

回数  試験名 開催期間 申込締切日 身体検査日 備考
1  7月定期 6/27(火)~7/2(日) 6/5(月) 7/3(月)
2 12月臨時 11/22(水)~11/27(月)  11/6(月) 11/28(火)
3  3月臨時 30年 3/2(金)~3/7(水)  2/13(火) 3/8(木)

※入学試験の開始時刻は、8時30分です。

修業期間

12日間

  1. 専門科目:6日間、48時間(航海:16時間、運用:16時間、法規:16時間)
  2. 海技免許講習:6日間(救命:2日、消火:1日、レーダー観測者:3日)

※ 開講日の当日(8時30分)に入学試験及び講習終了時に修了試験実施します。

受講料等(教育訓練給付金制度適用)

受講料 講習料 70,200円
テキスト代 5,346円
免許講習料 救命 :29,000 円、消火 :10,000 円、レーダー観測者 :13,000 円
*機関免許所有者は、救命、消火は必要ありません。
52,000円
救命教本:950円、消火教本:490円、レーダー観測者教本:510円 1,950 円
合計 129,496円

※申請手数料(印紙代+海事代理士手数料・13,300円)は別途料金になります。

支払方法

入学試験前日迄に全額を指定振込用紙で送金して下さい。

振込控を当日持参して下さい。

 

養成コース(航海)第一種養成講習

上記の入学要件を満たす方が必要な履修科目を受講し(座学)、委託訓練契約をした社船において実習終了後、6ヶ月の乗船履歴によって国家試験(筆記)が免除され、身体検査を受検するだけで海技免許を取得できるコースです。

修業期間

4.5ヶ月

・座学;2.5ヶ月 (学院で実施)
・乗船実習;2ヶ月 座学講習修了後順次乗船開始 (委託訓練契約をした社船で実習)

※ 開講までに入学試験を実施 (高等学校卒業者は学科試験免除で、面接試験のみ)

募集開始日

平成29年度の予定はありません。

開講日

29年度も諸般の事情により開講を中止します。 次回開講は未定。

 

申込と必要書類

申込方法

電話又は、資料請求(海技士関連講習)で資料をご請求下さい。
すぐ受講申込書等の資料をお送りしますので、振込用紙で受講料を振り込み、必要書類を取り揃えてお送りください。 (締切日必着)

直通電話 082-254-8077 (海技チーム)

必要書類等

受験コース・第二種養成3日間・6日間

前もって郵送か窓口に持参してください。

1.申込書(学院指定用紙)

PDF版 (養成コース)
Word版 (養成コース)

PDF版 (受験コース)
Word版 (受験コース)

2.船員手帳又写し(ページ全て)或いは乗船履歴を証明する書類
船員手帳・その写し(開講日に提出)、又は乗船履歴を証明する書類
3.住民票: 1通(本籍記載のもの)又は他の海技免状・小型免許の写し
4.写 真: 受験コース6枚、養成コース8枚(3㎝×3㎝)
5.現有免状(機関、小型)の写し
6.認 印
7.
身体検査証明書
8.船員手帳を有する場合の乗船履歴表(5年又は10年分を記載)
9.
船員手帳を有しない場合の乗船履歴証明書(証明履歴)
*証明履歴の場合は、他に
必要書類がありますので詳細は直接お電話で
お問合せください。

第一種養成講習
申込書 PDF版
 ・申込書 Word版

申込受領後、入学試験日程及び必要書類等案内を送付します。

送り先

〒734-0012
広島市南区元宇品町41-18 広島海技学院 海技チーム
直通電話 082-254-8077

必要書類が間に合わない場合は、身体検査は後日、講習のみの受講も可能です。
(申込〆切は開講日前日)

申込受付

必要書類と受講料の振込みを確認して申込を受付ます。

宿泊

宿泊先を、斡旋致します。

教育訓練給付金制度

船員保険に3年以上加入されている方は受講料と免許講習料の2割が社会保険庁より還付されます。
(初回に限り、被保険者期間1年以上で受給可能)

キャリア形成促進助成金について

厚生労働省から事業主様に対し、受講中の船員にかかる経費や賃金の助成金が支給されます。
認定基準等がありますので、「日本船員育成」をご参照ください。

SECOJ主催

SECOJ(財団法人日本船員雇用促進センター)主催の講習は船員保険に加入されている方を対象とし、受講料が免除されます。